プロフィール

りかこ

Author:りかこ
月沢李歌子 翻訳家です





























































月別アーカイブ(タブ)
EPSON DIRECT
エプソンダイレクト株式会社
ビックカメラ
ビックカメラ.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すてきなランチ

同業で同窓の方たちと、きょうはすてきなランチをしました。

20130828-4.jpg

友人に教えてもらったヴィーガンレストランです。

20130828-1.jpg

まず、豆のサラダ。

20130828-2.jpg

ランチセットのハヤシライス。

20130828-3.jpg

セットのデザート。

20130828-5.jpg

こちらは別の方が頼んだもの。

ほかにも食べてみたいメニューがたくさんありました! 
食生活改善が必要なわたしには、ぴったりのお店かも。


スポンサーサイト

新刊のお知らせ――「イノベーションは新興国に学べ!」

新刊のお知らせです。



イノベーションは新興国に学べ! ―カネをかけず、
シンプルであるほど増大する破壊力


日本経済新聞出版社より、『イノベーションは新興国に学べ! ―カネをかけず、シンプルであるほど増大する破壊力』が出ました。

リソース不足に直面する先進国が、今後いかに破壊的イノベーションを起こすことができるのかを、新興国の画期的なイノベーションを事例に学んでいきます。
人の生き方として読んでも、とても興味深いです。

ぜひ一読ください。


大きくなりました

20130818.jpg

6月上旬に家族の一員になった迷い猫シナモン。現在、推定生後4ヶ月ですが、とっても大きくなりました。

20130818-2.jpg

オスだし、手足がしっかりしているので大きくなるだろうなあ、と思ってはいたのですが。
仔猫の成長は本当に早いです。

20130818-3.jpg

毎日、楽しそうで、見つけたものをみんなおもちゃにしてしまいます。
ネコじゃらしなど、ネコのおもちゃをたくさん買ったけれど、そんなもの必要なかったね。

20130818-4.jpg

起きているときは、小さな怪獣のように人にじゃれたり(噛みつくとも言う)、部屋を走り回ったりしています。
わたしの腕では、ちゃんとした写真が撮れるのは、寝ているときくらいだわ。

撮影の腕をあげないといけませんね。


世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書

暑いですね~。
わたしは、毎日、部屋の掃除に明け暮れています。
でも、捨てるものがなにも出てこないんですよね……。
部屋の中はものであふれているのに。やっぱり、わたしには断捨離は無理!

さて、最近、役立った本を紹介します。



世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書

友人のブログにも紹介されていたし、評判もいいようなので買ってみました。

確かによくわかる!

これまでカメラ関係の本をたくさん買い込んでいましたが、恥ずかしながら、読んでいてもまったくわからなかったのです。ところが、世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書を読んで「なるほど!」と思ってから、他の本を読んでみたら、実によくわかることに驚きました。
DVDの中井精也先生の講義が、とっても親切なの。

率直に言って、本書に掲載されている写真はとくに「いいなあ」とは思わない。
「こんなの撮りたいな」と感じる写真じゃないんです。
でも、DVDを見ると、これは実験なんだとわかるんですねえ。
「こんなの撮りたいな」と思う写真の入門書は、これまでは読んでみても撮り方がぜんぜん理解できなかったので、本当に買ってよかったと思いました。

まあ、これからわたしの撮影技術が向上するかどうかはわかりませんが、写真を撮るのがさらに楽しくなったのは確かです。
先生の他の本も読む予定です。




世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書



世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 
何をどう撮る? 活用編






世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書
伝わる写真の撮り方編

新刊のお知らせ――「企業2020」の世界



「企業2020」の世界―未来をつくるリーダーシップ

マグロウヒル・エデュケーションより『「企業2020」の世界―未来をつくるリーダーシップ』が出ました。

著者パヴァン・スクデフは、2007年に報告書「生態系と生物多様性の経済学」(TEEB)をまとめています。
アジアやアフリカなどの新興国に、経済成長の面から期待が寄せられている昨今ですが、こうした国々が先進国並みの生活水準を送るまで発展するには、あと地球5個分の天然資源が必要だとか。
このままでは、近い将来、人間は地球で安全に暮らすことができなくなります。

2020年までにこの流れを変えなければ、自然破壊は逆戻りできないところまで達してしまう。そのために、いま、なにをすべきかを著者は提言しています。

どうぞ著者の提言に耳を傾けてください!




「企業2020」の世界―未来をつくるリーダーシップ



Sponsored Link
第5回オフィス関連書籍審査最優秀作品賞および日刊工業新聞社賞受賞

最高の仕事ができる幸せな職場』(ロン・フリードマン著 月沢李歌子訳 日経BP社刊)がJOIFA日本オフィス家具協会主催の第5回オフィス関連書の最優秀作品賞および日刊工業新聞社賞を受賞しました。
仕事も勉強も遊びもあきらめない! 夢をかなえる時間術。

初の自著です。おもに会社勤めをしながら、翻訳の仕事をしていた10年間について書いています。 あなたもやりたいと思うことをあきらめずにやってみませんか?
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。