プロフィール

りかこ

Author:りかこ
月沢李歌子 翻訳家です





























































月別アーカイブ(タブ)
EPSON DIRECT
エプソンダイレクト株式会社
ビックカメラ
ビックカメラ.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しい週末

少し忙しい週末でした。

土曜日は所属するトーストマスターズクラブで久しぶりにスピーチをする予定だったので、明け方4時まで読み上げるストーリーをワードに打ち込んだり、戦略を練ったり。

軽く眠って、7時から12時まで朗読の練習。

20130728-1.jpg

がんばった甲斐があって、ベストスピーカーをいただきました。

所属するクラブは実力者揃いで、わたし自身はいつもなかなか良い結果を出せないのです。
だから、これはわたしにとっては、ブログで喜びを表したいほど素晴らしいことなのでした。

帰宅後、寝不足と解放感から強烈な眠気に襲われ、仮眠をとりました。
ちょっとすっきりしたあとで、翌日の読書会の課題本を慌てて読みます。

これがなかなか読みづらい本で……。
主人公にどうしても気持ちを重ねられなくて困りました。

それでもなんとか朝までには読み終わり、読書会が開かれる池袋に。

20130728-2.jpg

まず、友人と久しぶりに再会して、「マーノエマーノ」でランチしました。

20130728-3.jpg

パスタに野菜のビュッフェを選んだのですが、結局、野菜は最初に1皿取っただけでした。
ビュッフェだから、もっと有効に活用してもよかったのだけれど、おしゃべりに忙しくて、ね。

その後、読書会の会場へ。
最初は同じ名前の別の店舗へ行ってしまったのですが、そこで詳しく場所を尋ねてちょっと遅刻して到着。

読書会はメンバーや課題本によってまったく雰囲気が変わるものだと思いますが、最初から熱いディスカッションが行われて、驚いたり、このメンバーなら、と納得してみたり。

2時間があっという間にすぎました。ひさしぶりに本の話をたくさんして楽しかったなあ~。


20130728-4.jpg

読書会のあとは場所を変えてお茶を。

ほかのみなさんは抹茶あんみつという大変、魅力的なものを食していらっしゃいましたが、わたしはランチの余韻がまだ残っていて、ちょっと軽めのものにしました。

ハードだったけれど、楽しい2日間でした。



スポンサーサイト

すいおう(翠王)

20130716-1.jpg

これは、すいおう(翠王)という種類のサツマイモの芋づるです。
サツマイモといえば、普通、根を肥らして食べるものですが、すいおうは葉と茎も食べられる品種。

農林水産省のサイトによると「鉄、カルシウム、β‐カロテン、ビタミンE・Kなどが、ほかの葉菜に比べて豊富で、さらにポリフェノールやルテインも含まれ、栄養分に優れた野菜」とのことです。

今年はそんなすいおうのメリクロン苗を4株植えました。
その株もだいぶ大きくなったので、ちょっとだけ収穫。

とは言っても調理法もよくわからないので、自己流レシピで昼食を作りました。

すいおうの葉と茎を適当に刻み、同じく畑で収穫したオカヒジキとオクラと一緒に軽く熱湯でゆがきます。

20130716-2.jpg

油を引いたフライパンで軽く炒めたあと、そうめんのつゆで味付け。

20130716-3.jpg

海苔とソーセージをちらして、和風パスタのできあがり。
ちなみに、そうめん用のつゆで味付けをするのはマイブーム。手軽でおいしいです。


すいおうもオカヒジキも、茎の固い部分はとりのぞいたほうがよさそうです。

ふたたびルバーブ収穫

今日は暑さもだいぶやわらいだ気がします。

わたしは今年、何年かぶりにクーラーをつけてみたのですが、どうやらクーラーが壊れているらしく、室内温度が室外温度より高く37度くらいになってしまうのです。
今年もクーラーなしで過ごすことになりそう。(修理するという選択肢はないらしい)

そんなわけで、酷暑の数日を過ごしたあとだったので、畑に吹く風の気持ち良いこと。やっぱり土と緑に囲まれて生活するのが大切ですよね~。

しかし、畑のルバーブはなんだか辛そうです。

なにしろシベリア南部が原産ですからね。暑さに弱いのです。

そこで、株の負担を軽減するのと、最悪、株がダメになったときのために、茎の太い葉柄を収穫することにしました。

20130715.jpg

これで1.3キロです。またジャムにします。
前回は少し甘みが強かったので、今回は砂糖をルバーブの重さの4分の1にしてみました。

でも、あまり酸っぱくならなかったな。
イギリスでルバーブパイを食べたときはとても酸味が強かった気がするのですが、それは葉柄がもっと赤かったからでしょうか?


南沢あじさい山

今日はとても暑く気温が35度を超えたそうですね。
わたしは友人が遊びに来たので、この暑さの中を山登りにいってきました。

新宿からJR中央線に乗り、立川、拝島で乗り換え、武蔵五日市駅で下車。
舗装道路を汗だくになりながら徒歩で45分。
既に体力をかなり消耗しつつ、到着したのは「南沢あじさい山」です。

20130708-1.jpg

南沢あじさい山というのは、南沢さん所有の山らしい。そこに1万株のあじさいが植えられているのです。

20130708-2.jpg

それにしても暑いッ! 
友人は先週までアイスランドを旅行していたそうで、気温のあまりの違いにちょっとつらそう。

20130708-3.jpg

あじさい山から隣の山を臨みます。

20130708-4.jpg

このあたりまでは、なだらかな上り。
問題はここからですよ。
あじさいはいつの間にか消え、写真を撮る余裕さえなくなるほどの山道が待っていました。
暑いし、足場もあまり良くないしで、途中でへたりこみました。

20130708-5.jpg

ようやく山道が終わり、舗装道路に出たところで、雨が降ってきました。
友人はイギリス人なのに雨に濡れるのがいやだということで、少し雨宿り休憩。

20130708-6.jpg

なんだかわからないのですが、よく写真で見かける場所なので撮影。

さて、ここからは金比羅山を抜けて、どこかでお弁当を食べ、武蔵五日市駅のほうへ降りて、駅前にあるという山猫亭で紅茶とケーキを――と思っていたのですが……。

途中で分かれ道に出合いました。
片方は上りで、片方は下り。

ここで上りを選んでしまったのが大間違い。

道が途中でなくなり、仕方ないので、木にしがみつきながら、道なき道を降りることになりました。

20130708-7.jpg

余裕を見せたポーズですが、足場が悪く、結構、大変なのです。
このあたりで何年か前にクマが出たらしいことは、友人には知らせないでおきました。

ようやく山を下りることができたら、なんとそこは――出発地点でした。

What a waste!

20130708-8.jpg


山を登り始めるまえに一休みした休憩所に腰を下ろし、新宿のデパートで買ったお弁当を食べました。

20130708-9.jpg

来た道を逆戻りです。

20130708-10.jpg

深沢小屋にて水分補給。
わたしはジンジャーエールを。

友人は、コーラ、コーヒー、コーラと立て続けに注文。

びっくりして、「えええ!?」と声を上げてしまいました。
でも、酷暑の中、山を登って下りて、水分をずいぶん失ったものね。

ここからまた、45分ほど歩いて武蔵五日市駅へ戻りました。


少し悔いの残る一日でしたが、楽しかったです。








フィーバーフュー

20130701.jpg

こちらは畑に咲いているフィーバーフューの花です。
偏頭痛に効く、ということなのですが、どうやって摂取していいのかわかりません。
ハーブティーに、というのをよく読みます。花の部分なのかなあ?

Sponsored Link
第5回オフィス関連書籍審査最優秀作品賞および日刊工業新聞社賞受賞

最高の仕事ができる幸せな職場』(ロン・フリードマン著 月沢李歌子訳 日経BP社刊)がJOIFA日本オフィス家具協会主催の第5回オフィス関連書の最優秀作品賞および日刊工業新聞社賞を受賞しました。
仕事も勉強も遊びもあきらめない! 夢をかなえる時間術。

初の自著です。おもに会社勤めをしながら、翻訳の仕事をしていた10年間について書いています。 あなたもやりたいと思うことをあきらめずにやってみませんか?
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。