プロフィール

りかこ

Author:りかこ
月沢李歌子 翻訳家です





























































月別アーカイブ(タブ)
EPSON DIRECT
エプソンダイレクト株式会社
ビックカメラ
ビックカメラ.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リカと3つのルール』


リカと3つのルール:
自閉症の少女がことばを話すまで


自閉症児の教育マニュアル』(イヴァ・ロバス ダイヤモンド社)のお手伝いをして以来、自閉症関係のものは積極的に読むようにしています。
新刊『リカと3つのルール: 自閉症の少女がことばを話すまで』(東条健一 著 新潮社)もそのひとつです。

-----------------------------

著者は、なんでも買ってもらえるような金銭的に恵まれた環境で育ったものの、父親の事業がうまくいかなくなり、高校生のときから経済的自立を迫られます。そして、「世の中はすべてカネだ!」と思い至ります。特殊な能力を持つ著者にとって、いったんそうと決めれば成功はたやすいものでした。まもなく一流企業に就職し、美しい国際線のの客室乗務員と結婚し、外車を乗り回して、毎日、高級レストランで食事をするようになります。そして、生まれた瞳の美しい娘。娘には最高の環境と最高の教育を与えたい――著者はそう願いますが、実はその子は自閉症だったのです……。

------------------------------


ここまでのあらすじで、すでにフィクションではないかと思ってしまうほどの驚きの展開ですが、本書は著者の体験にもとづいた小説です。著者は「一生話すことができない」と診断された娘が言葉を獲得できるよう戦いを始めます。そのなかで多くを学び、また多くを失っていくのです。

身近に自閉症の子どもがいる人、自閉症に対してあまり知識がない人にぜひ読んでもらいたい本だと思いました。それから、実はこの作品は実用的な部分にも力点が置かれているのです。それは「人を動かすルール」です。こちらの意図や言葉がうまく伝わらない相手にどう接していくか。著者は自閉症の娘に言葉を教える課程で学んだことをわたしたちに伝えてくれています。


リカと3つのルール:
自閉症の少女がことばを話すまで




自閉症児の教育マニュアル


スポンサーサイト
Sponsored Link
第5回オフィス関連書籍審査最優秀作品賞および日刊工業新聞社賞受賞

最高の仕事ができる幸せな職場』(ロン・フリードマン著 月沢李歌子訳 日経BP社刊)がJOIFA日本オフィス家具協会主催の第5回オフィス関連書の最優秀作品賞および日刊工業新聞社賞を受賞しました。
仕事も勉強も遊びもあきらめない! 夢をかなえる時間術。

初の自著です。おもに会社勤めをしながら、翻訳の仕事をしていた10年間について書いています。 あなたもやりたいと思うことをあきらめずにやってみませんか?
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。