プロフィール

Author:りかこ
月沢李歌子 翻訳家です



























































月別アーカイブ(タブ)
EPSON DIRECT
エプソンダイレクト株式会社
ビックカメラ
ビックカメラ.com

Studio Life 「OZ」

studio_oz.jpg

Studio Life「OZ」を観ました(Zチーム)。
ストーリーは原作(『OZ』樹なつみ作)を読んで予習済み。
倉田さんがどんなふうにアレンジするかが楽しみでした。
そして、やはり、倉田さんらしいステキな世界を見せてもらいました。

原作はムトーが主人公のように思えますが、倉田さんはサイバロイドの1019に惹かれたのでしょうね。
曾世海司さんが演じる1019が愛しくて、せつなくて、ちょっと大変なことになってしまっています。
最後は涙が止まらず。カツラがちょっとフワフワしすぎでは、と見ながら思ったのですが、最後は合点がいきました。 
ロビーに出て友人と話をしているときも感動がおさまらず、胸を詰まらせてしまったわたしです。
こういうせつない役をやらせると、曾世さんは最高ですね。

原作はこちら。







TOMO 友



Tomo: Friendship Through Fiction
- An Anthology of Japan Teen Stories


東北の子どもたちを支援するためのアンソロジー『Tomo: Friendship Through Fiction - An Anthology of Japan Teen Stories』がStone Bridge Press から3月10日に出版されます。

日本をテーマにしたYA(ヤングアダルト)向け短編集です。
多くの作家がボランティアで寄稿し、わたしの友人も参加しています。

収益金は東北の十代の子どもたちのために直接役立てられるとのこと。
日本人作家の小説も翻訳されて収録されているようです。
多くの方にぜひ読んでいただきたい!

本書の編集者ホリー・トンプソンさんのブログ「Tomo 友」では、寄稿者のインタビューを読むことができます。



Tomo: Friendship Through Fiction
- An Anthology of Japan Teen Stories


Sponsored Link
仕事も勉強も遊びもあきらめない! 夢をかなえる時間術。

初の自著です。おもに会社勤めをしながら、翻訳の仕事をしていた10年間について書いています。 あなたもやりたいと思うことをあきらめずにやってみませんか?
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: