プロフィール

Author:りかこ
月沢李歌子 翻訳家です





























































月別アーカイブ(タブ)
EPSON DIRECT
エプソンダイレクト株式会社
ビックカメラ
ビックカメラ.com

酒井邦秀先生最終講義

疑似被災というのがあるそうです。

「なにを甘えたことを」と怒られそうですが、どうやらわたしもそれっぽい。とくに原発の問題が怖くて、不安で1日中、なにも手につかず、おろおろとし、頭を抱えています。
余命というものを、わたしたちはそれぞれ漠然と見積もっていると思うのですが、今後汚染の国で生きていくことを考えると、それを短めに再設定しなければいけないのかもしれませんね。

さて、そんななか、久々に外出してみると、多少、店舗などの照明が暗くても、以前の日常が戻ってきているのに驚かされます。ストレスは誰もが感じていると思うのですが、人間は強いですね。日本人は農耕民族なので、やはり自分の土地で生きていくしかないのを本能的に感じているのかもしれません。まあ、現実的に、この原発大国で逃げ場はないに等しいのですが……。それにしても、わたしの精神のなんと弱いことよ。

前置きが長くなりました。久々に出かけたのは、酒井邦秀先生の最終講義を聴きに調布にある電通大学へ行ったからでした。

わたしがいまこうして翻訳の仕事ができるのは、多くの人のおかげなのですが、酒井先生も間違いなくお世話になったお一人です。とは言っても、成績が地を這うような低飛行だったために、あまり学校が好きでなかったわたしは、先生とお話した機会もそれほど多くないのですけれど。だからこそ、先生の影響力がどれほど強かったかというのをあらためて思い出しています。

最終講義には、小さな子どもから年配の方まで、本当に多様な人たちが参加していました。酒井先生が多くの方々の人生に触れてきた証だなと思いました。参加者の中からも感動的な話が聞けました。

先生の講義はぜんぜん形式ばらず、それでも、笑顔の裏にこれまでの闘いとご苦労があったことが伺えました。
そして、多読の再発見。実は、先生はずっと以前から多読の実験をいろいろな学習法の一つとしてやられていたのですが、あのときは本物の意味での実験で、現在、提唱されている3原則に従った方式とはまったく異なったものだったのだと思います。

最終講義というよりも、まだ先生の道は始まったばかりだということを強く感じました。

saigonojugyo.jpg

個人的には2つの発見がありました。近いうちに別記事で書きたいと思います。
一つは翻訳に関すること。これはわたし程度の翻訳者が書くには時期尚早かもしれないので、折りを見て。
もう一つは、吹き替え翻訳について、わたしが日頃感じている違和感がなんなのかが判明したことです。わたしの大切な友人が映像翻訳をしているので、これについては是非書いてみたいと思います。



祈り

extrasuper1.jpg

世界がすっかり変わってしまってからもう10日。

余震への恐怖や原発事故の不安などで心が乱れて、なにも手につきません。
あの日から、何度泣いたことでしょう。
恐怖。悲しみ。憤り。そして、勇敢な人々の行動と人の心の温かさ。

人間の存在をはるかに超えた天災と、利権と強欲がもたらした人災によって
失ったものははかりしれないほど大きく、いくら泣いても心が癒えることはありません。
だけど、わたしたちにはふたたび立ち上がる力があると信じたい。

震災で命を落とされた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災地の皆様と、救助や復旧活動を行っている方々のご無事を祈ります。

そして、福島原発で命を賭けて闘ってくださっている方々に感謝するとともに、
心よりご無事を祈ります。

神様、どうかこの危機を乗り越え、より良い明日を築くチャンスをわたしたちに与えてください。

トトロのシュークリーム

totorochou.jpg

いつも仲良くしてくれる友人にトトロのシュークリームをいただきました。

「かわい~!」

ケーキの箱のなかをのぞいて思わず叫んだわたし。食べるのが忍びなかったわ。もちろん、食べたけど。

高井戸にある「白髭のシュークリーム工房」というお店で作っているそうです。
観劇のときに楽屋へ差し入れするのに良さそうですよね。


Kindleのカバー

少し前にKindleを買ったのですが、ストラップホルダーがなくて使いづらいな、と思っていました。
電車の中とかで読んでいると、人にぶつかって落としてしまいそうだな、と。

クリップなどを利用して、自作のホルダーを作ろうとしたのですがうまくいかず、かといってアマゾン・コムの革のカバーは重そうです。

なにかいいものはないか、とあちこち店を探して回ったのち、ようやく見つけました!

kindle1.jpg

Delfonics(デルフォニックス)のポケットA5ノートです。

安いし(609円)、軽い。A5版のノートがあいだにはさんであるので、支えにもクッションにもなるし、メモにも使えて実用的。Kindleをビニールのケースの中に入れることになるので、スクリーンの保護にもなりますね。
ケースに入れたままページを移動するのも、もちろん、可能です。色も選べます。

机の上に置いて眺めながら、「いい買い物したな~」とニマニマしています。



ネコミル見る猫

さて、先日紹介した「ネコが見るDVD ネコミル」。
うちのコたちは日に日に反応が激しくなり、気がつくとテレビの前座って上映(?)を待っています。
でも、飽きちゃうと困るので、1日1回だけ、と決めているんです。

[広告] VPS






Sponsored Link
第5回オフィス関連書籍審査最優秀作品賞および日刊工業新聞社賞受賞

最高の仕事ができる幸せな職場』(ロン・フリードマン著 月沢李歌子訳 日経BP社刊)がJOIFA日本オフィス家具協会主催の第5回オフィス関連書の最優秀作品賞および日刊工業新聞社賞を受賞しました。
仕事も勉強も遊びもあきらめない! 夢をかなえる時間術。

初の自著です。おもに会社勤めをしながら、翻訳の仕事をしていた10年間について書いています。 あなたもやりたいと思うことをあきらめずにやってみませんか?
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: