プロフィール

りかこ

Author:りかこ
月沢李歌子 翻訳家です





























































月別アーカイブ(タブ)
EPSON DIRECT
エプソンダイレクト株式会社
ビックカメラ
ビックカメラ.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSミュージカル「天翔ける風に」

20091006_1027458.jpg

東京芸術劇場で「天翔ける風に」を観ました。

あまり期待せずに出かけていったが、すばらしい舞台だった。本作品の脚本となった「贋作・罪と罰」で野田秀樹はドストエフスキーの原作の舞台を幕末の日本へ、主人公ラスコーリニコフを三条英(さんじょう・はなぶさ)へと置き換えている。これが実に効を奏していた。時代が大きな転換点を迎え、人々の価値観が大きく揺らぎつつある混沌のなかで、民衆を苦しめる高利貸しの老婆を殺すことがみずからの使命だと信じる愚かなほどの純粋さは、女性のほうが表現しやすいかと思う。また、殺人の罪が明らかになり、流刑の地で、才谷(実は坂本龍馬)が新しい時代を切り開くのを待つ姿はまさに恋する女性そのもので、その変わり身の速さと前向きな考え方は女性のたくましさのひとつでもある。ただ、その分、ステロタイプかなという思いもちらりと頭をかすめた。

とはいえ、三条英は主演の香寿たつきさんにぴったりだった。男性と肩を並べて時代を担っていこうとする女塾生は、タカラヅカの男役スターとしての経験と特質に見事に合致している。そう思う一方で、理想主義に走って人殺しをするような人ではなく、もっと冷静で知的に見えてしまったのも事実。彼女を主演にしたこの作品は再々演だが、初見のわたしは、殺人の場面で思わず「うそっ」とつぶやいてしまったほどである。年齢設定によるものなのか、男性を女性へと変えた歪みからくるものなのか、あるいはタカラヅカのトップスターは白い役しか演じないというわたしの色眼鏡のせいなのかどうかはわからない。

野田秀樹の脚本は言葉が多すぎて、やっぱりちょっと苦手だ。今回も台詞が聞き取れないところが少しあった。言葉遊びがあちこち散りばめられているのだが、笑いもほとんど起きない。笑いは緩急の表れであり、どんな芝居にもほしいと思う。そこが残念。

「ええじゃないか」のコーラスと群舞へのダイナミックな展開に圧倒され、嘆息した。演出・振付の謝珠栄さんは和製のすぐれたミュージカルをつくることを目指しているという。その心意気に惚れる。手頃な価格で見られる、質の高い舞台。こういう作品がもっともっと出てきてほしい。

20091006_1027459.jpg

東京芸術劇場は野田秀樹の芸術監督就任のせいか、どことなく華やいで見えた。わたしも、もともと好きな劇場。これからもっと通うことになるかも。



スポンサーサイト
Sponsored Link
第5回オフィス関連書籍審査最優秀作品賞および日刊工業新聞社賞受賞

最高の仕事ができる幸せな職場』(ロン・フリードマン著 月沢李歌子訳 日経BP社刊)がJOIFA日本オフィス家具協会主催の第5回オフィス関連書の最優秀作品賞および日刊工業新聞社賞を受賞しました。
仕事も勉強も遊びもあきらめない! 夢をかなえる時間術。

初の自著です。おもに会社勤めをしながら、翻訳の仕事をしていた10年間について書いています。 あなたもやりたいと思うことをあきらめずにやってみませんか?
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。