プロフィール

Author:りかこ
月沢李歌子 翻訳家です































































月別アーカイブ(タブ)
EPSON DIRECT
エプソンダイレクト株式会社
ビックカメラ
ビックカメラ.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット

最近まで夢中になっていたドラマが、「パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット」です。

最初はなかなか入り込めなかったんですよねえ。
ヒーローであるジョン・リース(ジム・カヴィーゼル)がばっちかったので。

「マシーン」(コンピュータのプログラム)が事件が起こることを予測するという設定も、
あまりおもしろいと思えなかった。

しかし。

気がついたら、夢中になっていました。
冷静に分析すると、作り方がとてもうまいのだとわかります。

回が進むうちに、鼻眼鏡(フィンチ)という名で呼ばれるハロルド・フィンチ(マイケル・エマーソン)のことが
ヒーローのリースよりもずっと気になるようになってしまうんです。
プロット的にはこちらが主役なのでしょうが、ヒーロー以外の登場人物に目がいくようになるのは
取り込まれてしまった証拠ですよね。

でも、舌を巻いたのは、ふたりが犬のベアーを飼いはじめるという設定です。
犬の魅力に勝てる人なんている?

また、最初は受け入れるのが難しかった「マシーン」も、だんだん人間味を帯びてきて
こちらもどうなるかが気になる。

サブキャラをとてもうまく使っているな、と思います。

わたしのお気に入りキャラはフィンチの元婚約者グレース(キャリー・プレストン。マイケル・エマーソンの実の妻だとか)。「グッドワイフ」で演じたエルズベス・タシオニ役も可愛かったし。
彼女とかレニー・セルウィガーとかが演じる人物が話すちょっと不思議な(?)英語を
わたしも真似してみたいと思うのでした。



パーソン・オブ・インタレスト〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・セット [Blu-ray]



パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン> コンプリート・ボックス (4枚組) [Blu-ray]


スポンサーサイト

海外ドラマ「HOMELAND」

FOX CRIMEチャンネルで、ドラマ「HOMELAND」のシーズン2が始まりましたね。
まだ第2話なのに、手に汗を握るおもしろさです。

ゴールデングローブ賞作品賞を2年連続受賞した本作品は、「24--Twenty Four」のスタッフが製作しています。
シーズン1は夢中になって見てしまいました。

クレア・デインズとダミアン・ルイスの演技が見事です。ひょっとすると、「24」よりもおもしろいかも。
いま、一押しのドラマです。


HOMELAND/ホームランド ブルーレイBOX [Blu-ray]

シーズン2の発売がこんなに先でなければ、すぐにでも注文するのですが……。9月なんて待てない。


HOMELAND/ホームランド シーズン2 DVDコレクターズBOX





CAMELOT



Camelot - Season 1 [DVD]

最近、楽しく見ているのが「Camelot」。若きアーサー王が主人公のドラマです。
アーサー役のジェイミー・キャンベル・バウアーはよく知らないけれど、魔術師マーリンは「フラッシュフォワード」に出ていたジョゼフ・ファインズ。アーサーの生母は「ジョー・ブラックをよろしく」のクレア・フォーラニとなじみの顔多し。

当然ながら、アーサー王伝説のあれこれが盛り込まれています。
こういうのは文章で読むとすぐに忘れてしまうのですが、映像だと記憶に残りやすくていいですね。

アーサー王が石に刺さった剣を抜くことによって王の血筋を証明したとか、湖から突き出た女性の腕にエクスカリバーが握られていたとかいった伝説もわかりやすく示されていました。
ドラマでは、どちらもマーリンが関わっていることになっていますが……。

さてさて、ドラマでは、アーサーは、臣下レオンテスの妻、グイネヴィアと通じています。
アーサーとグイネヴィアのラブシーン(かなり濃厚で過激)や、ふたりの場面が実はかなり退屈。
確かグイネヴィアといえば、アーサー王の后でありながら、円卓の騎士長ランスロットとも不倫の恋に落ちるはず。浮気者設定ですね。

残念ながら、このドラマはシーズン1で打ち切りのようです。
(過激なラブシーンがいけなったのでは? せっかくのアーサー王伝説なのに子どもに見せられないものねえ。)
ランスロットが登場する前に終わってしまうのかな。


テンプル・グランディン~自閉症とともに

ケーブルTVで「テンプル・グランディン~自閉症とともに」というテレビ映画を見たので紹介します。
アメリカのケーブル局HBOで制作され、エミー賞の各部門で受賞を果たしました。

生まれながら自閉症という障害を抱える主人公テンプル・グランディン。
自閉症に対する社会の理解はまだまだ遅れているものの、困難に負けずに目的のために突き進んでいきます。
高機能自閉症である彼女は、並はずれたビジュアル思考力を有していて、ほかの人とは違う考え方や見方ができます。
その能力を活かして、家畜に恐怖や苦痛を与えない食肉加工用施設を開発しました。「食肉にする動物だからこそ、敬意を払うべきだ」とテンプルは考えます。「自然は残酷だけれど、人間はやさしくなれるはず」と。

テンプルは、現在、コロラド州立大学教授を務めているそうです。


Temple Grandin [DVD] [Import]

DVDは輸入モノなので字幕はありません。またリージョン1であるため、通常のプレーヤーでは再生できません。ご注意ください。

All the Small Things

昨年秋にLaLaTVで放映された「コーラス~Heart & Soul」をようやく観ることができました。
わたしは「Glee」や他のミュージカルも大好きなので、これも期待していました。
その期待を超えるすばらしさだったかも。
全6話を一挙に3回も繰り返して見てしまいました。


All the Small Things [DVD]

イギリスのグロソップという小さな町で合唱団を運営しているマイケルとその妻エスター。3人の子どもをもち、結婚20周年を迎えるふたりの前に、レイラという若く、歌の才能のある女性が現れます。
レイラのせいで、マイケルとエスターの家庭も、合唱団もめちゃくちゃに。
夫を奪われ、合唱団も辞め、傷心のエスターですが、着任したばかりの牧師補ジェイクに励まされ、子どもや友人を力づけるために、新たな合唱団を作ります。
2つの合唱団をめぐって諍いが起こったり、温かい触れ合いがあったり、と6話とも心動かされるエピソードになっています。

とくにオタクで引きこもりのカイルが地元の音楽祭でバンドのリーダーとして演奏をしたり、近所の女の子グレイスにプロポーズしたりする場面はとっても感動しました。

やはり「Glee」と比べると、イギリス作品は地味な感じがしますが(出演者の年齢層も圧倒的に高いし)、こちらはカイル役のRichard Fleeshmanやジェイク役のBryan Dickが魅力的なので、何度も見たくなります。
「Glee」は男の子に魅力がないのが残念ですよねえ……。


Sponsored Link
第5回オフィス関連書籍審査最優秀作品賞および日刊工業新聞社賞受賞

最高の仕事ができる幸せな職場』(ロン・フリードマン著 月沢李歌子訳 日経BP社刊)がJOIFA日本オフィス家具協会主催の第5回オフィス関連書の最優秀作品賞および日刊工業新聞社賞を受賞しました。
仕事も勉強も遊びもあきらめない! 夢をかなえる時間術。

初の自著です。おもに会社勤めをしながら、翻訳の仕事をしていた10年間について書いています。 あなたもやりたいと思うことをあきらめずにやってみませんか?
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。